まつげを長くする効果のあるルミガンで素敵な目元を手に入れよう

微笑んでいる女性

ルミガンはまつ毛を長くする効果がありますが、有効成分であるビマトプロストがまつ毛の毛周期に働きかけます。まつ毛には頭髪や体毛と同様に毛周期がありますが、毛の成長サイクルには成長期と退行期・休止期の過程があります。有効成分であるビマトプロストは、毛のサイクルを活性化させながら、毛の発毛がさらに活発に行われるとする成長期を伸ばします。これによりまつ毛が太く長く成長し、ハリやコシを出しながら色も濃くなって行くため、全体的なボリュームを出すことができます。ルミガンはまつげ育毛剤ですが、毎日繰り返し使う必要があり、1日1回の使用方法を守る必要があります。

継続しながら毛につけて行くことで、個人差もありますが、約1ヶ月もすれば毛のボリュームを実感することができます。4ヶ月継続して使い続けると、育毛剤の効果がさらに発揮されることになるため、奥行きのある魅力的な目元を実現することになります。
効果が出た後であれば2日に1回の頻度で、継続使用することでまつ毛のボリュームを維持することができます。ただ育毛剤の使用をやめることで、2ヶ月ほど経つとまつ毛は元の状態に戻ってしまうので、注意が必要です。良い状態を保つには、毎日使用方法を守りながら継続して薬剤をつけ続けることが大切だと言えます。

また薬剤が目に入った時はかゆみや痛みが出ることもあり、充血するという副作用が生じるケースも見られます。まつ毛の生え際以外の皮膚に、薬剤がついた時に拭き取らずそのまま放置すると、色素沈着を起こしシミや黒ずみのようになります。したがって他の皮膚へ薬剤が付着した時は、すぐに綿棒やコットンで優しくふき取るようにすると防ぐことができます。育毛剤をまつ毛に塗布する時は、ルミガンに付属されているアプリケーターや、ブラシなどを使って丁寧につけることが大切です。丁寧にブラシに取ってつけることで、液だれをすることも少ないため、副作用がでる心配もなくなります。

ルミガンは緑内障の治療薬として開発されている医薬品ですが、まつ毛を長くする効果があるとして多くの人に利用されています。ルミガンの有効成分でもあるビマトプロストが、まつ毛の毛包に効果を発揮し毛周期の中の成長期を長くします。これによりまつ毛が伸びて行く期間が長いため、今まで短かった毛も長い間伸び続けることができます。本来は緑内障の薬として使うこともできますが、まつ毛を綺麗にするための効果もあります。男性でもまつ毛を意識している人が多いため、ルミガンは女性だけのものではないという風潮になっています。

関連記事
ルミガンが高いと感じる場合は同じ成分のジェネリック品を買いましょう 2020年05月31日

ルミガンには有効成分のビマトプロストが配合されていますが、この成分を使ったジェネリック医薬品も数多く誕生しています。ジェネリック医薬品は先発医薬品としてのルミガンよりも開発費や広告費がそれほどかかっていないため、安く入手できます。ルミガンと全く同じ有効成分を使っているため、効果には違いがなくリーズナ...

バストアップのためにマッサージをする場合は滑りをよくするクリームを用意しよう 2020年07月03日

バストアップを目指すためには、専用のクリームを用いてマッサージを行う方法があります。バストアップに効果があるとされる、有効成分が含まれているクリームを、直接肌につけマッサージをしていきます。クリームを用意するだけでマッサージができるので、誰でも簡単に生活習慣に取り入れることができます。バストはほぼ脂...

安心してまつげ育毛剤を使いたいなら病院で処方してもらおう 2020年06月06日

まつげ育毛剤は一般の薬局や、ドラッグストアでは市販されておらず、通常は病院で処方してもらいます。国内ではまつ毛貧毛症の治療薬として、認可を受けているまつげ育毛剤が取り扱われ始めます。市販されているまつげ美容液などとは違い、もともとは医療用に開発されている薬剤なので、医師が診察を行い処方するようになっ...

ルミガンの成分は緑内障の治療に使われていた 2020年06月03日

ルミガンは効果の高いまつ毛育毛剤としてよく知られていますが、緑内障の治療薬として海外の製薬会社が開発されたものです。緑内障の人の眼圧を下げる効果があり、その副作用でまつ毛が成長したり、まぶたに色素沈着が起こるような状態になります。緑内障は眼圧が高まった上で、視神経が圧迫されながら視野が狭くなり、視力...