安心してまつげ育毛剤を使いたいなら病院で処方してもらおう

きれいな目元

まつげ育毛剤は一般の薬局や、ドラッグストアでは市販されておらず、通常は病院で処方してもらいます。国内ではまつ毛貧毛症の治療薬として、認可を受けているまつげ育毛剤が取り扱われ始めます。
市販されているまつげ美容液などとは違い、もともとは医療用に開発されている薬剤なので、医師が診察を行い処方するようになっています。

使用した人は約1ヶ月継続使用することで、効果を実感し始めますが、2ヶ月経過するとさらに満足できるまつ毛の状態になります。臨床試験でも16週間使用し続けた人のうち、80%の人がまつ毛に変化を感じ、十分な太さや長さを得ることができています。
安全性に関しても臨床検査で証明していますが、メラノサイトに効果を発揮するためメラニンが増加し黒目の色が濃くなることもあります。片目だけにまつげ育毛剤を使っている場合は、左右の黒目の色に違いが出てくることもあるので注意が必要です。

病院でまつげ育毛剤を処方してもらうときは、眼科や皮膚科で緑内障やまつ毛貧毛症と診断される必要があります。基本的に保険適用でまつげ育毛剤を入手するには、健康な状態では処方されないため、保険適用外になります。中には保険適用外でまつげを育毛する目的で、処方している病院もあるので、入手することはそこまで難しくありません。

病院では必ず副作用なども説明してもらえるため、安心して使うことができるのも大きな特徴です。他の皮膚へ付着する場合は、吸水性がある素材ですぐにふき取ったり、洗い流すことで色素沈着防ぐことができます。また妊娠している人が使用すれば、胎児に大きな影響を与えることがあるため、病院で指導してもらうことが可能です。

まつ毛が不足している人や、十分に足りていないと感じている人は、毎日継続して塗布することで改善させることができます。アイメイクを丁寧に落とし、マスカラやアイシャドウが付いていない状態にし、コンタクトレンズを外して塗布することが基本です。

1日1回毎日夜寝る前に、1滴だけを上まつ毛の生え際に塗布しますが、生まれつきまつ毛が少ない人を始め、後発で少ない人にも効果があります。点眼薬ですがビマトプロストという有効成分が入っており、毛を成長させる効果が期待できます。効果は毛周期に合わせて出てくるため、個人差はありますが自然な形で毛を増やしていくことが可能です。ビューラーやマツエクなどで毛が傷んでしまっている人も、まつげ育毛剤を病院で処方してもらいケアをすることができます。

関連記事
ルミガンが高いと感じる場合は同じ成分のジェネリック品を買いましょう 2020年05月31日

ルミガンには有効成分のビマトプロストが配合されていますが、この成分を使ったジェネリック医薬品も数多く誕生しています。ジェネリック医薬品は先発医薬品としてのルミガンよりも開発費や広告費がそれほどかかっていないため、安く入手できます。ルミガンと全く同じ有効成分を使っているため、効果には違いがなくリーズナ...

バストアップのためにマッサージをする場合は滑りをよくするクリームを用意しよう 2020年07月03日

バストアップを目指すためには、専用のクリームを用いてマッサージを行う方法があります。バストアップに効果があるとされる、有効成分が含まれているクリームを、直接肌につけマッサージをしていきます。クリームを用意するだけでマッサージができるので、誰でも簡単に生活習慣に取り入れることができます。バストはほぼ脂...

ルミガンの成分は緑内障の治療に使われていた 2020年06月03日

ルミガンは効果の高いまつ毛育毛剤としてよく知られていますが、緑内障の治療薬として海外の製薬会社が開発されたものです。緑内障の人の眼圧を下げる効果があり、その副作用でまつ毛が成長したり、まぶたに色素沈着が起こるような状態になります。緑内障は眼圧が高まった上で、視神経が圧迫されながら視野が狭くなり、視力...

まつげを長くする効果のあるルミガンで素敵な目元を手に入れよう 2020年05月29日

ルミガンはまつ毛を長くする効果がありますが、有効成分であるビマトプロストがまつ毛の毛周期に働きかけます。まつ毛には頭髪や体毛と同様に毛周期がありますが、毛の成長サイクルには成長期と退行期・休止期の過程があります。有効成分であるビマトプロストは、毛のサイクルを活性化させながら、毛の発毛がさらに活発に行...